with THE LETTERMEN in Las Vegas

Shinichiro trip 2010/03/24-03/31

  • 事前準備
    レターメン・ファンクラブの集い参加費用(26-28日レターメン・コンサートチケット込み)をファンクラブへ送付
    ホテル予約-24日 Hooters Hotel、25-30日 South Point Hotel
    航空券予約-Korean Air

    English

    3月24日13時すぎ最寄のバス停より関西国際空港へ-17:25発Korean Airにてソウル仁川空港着19:25、 21:30発Korean Airラスベガス直行便にて同日16:40マッキャラン国際空港着-タクシー(Cab)にてHooters Hotelへ15$チップ込み休憩後MGMグランドホテルからバリーズホテルまで徒歩見学-大きなサンドイッチ2つ購入6$、みやげ購入10$この店の店員は親切だった。翌日25日11時チェックアウト昨日空港のターミナル2に到着なので、にぎやかなターミナル1を見学したいので、また地図上徒歩範囲を確かめたく空港まで散策。しかし、誰も歩いていない。予想通り20分ぐらいで到着、荷物がなければ15分ぐらいだと思った。さすがにたくさんの観光客だ。タクシーにてSouth Point Hotelへ20$チップ込み13:30ぐらいに到着。 レターメンファンクラブパーティまで休憩。17:30パーティルーム前にて待つ。すでに何人か待っていた。アメリカ人ばかりだ。当たり前だ。しかもほとんど女性だ。FacebookフレンドのLynneさんを確認。彼女はニューヨークから来ていた。扉があき覗くといつもメールでお世話になっているShirleyさんに呼びかけられる。 初対面でしかも彼女のお顔を知らないが向こうは私のサイトなどで私の顔を知っていた。日本人は私だけなのでそらわかりますよね。しかし、私は最初Shirleyさんだとは気づかなかったが、かすかにI'm Shirleyと言った様な.. なんと気さくな方だ..とひとまず安心テーブルにつく。中央真ん中の席でとなり二つ席が空いていた。当日来れなかった方もいるのだなぁと思った。いよいよパーティに先立ってファンクラブ表彰式が開始だ。レターメン登場さすがオーラ十分だが顔見知りのファンが大勢いるので既に気さくに語りかけている。私は2年前のニューヨーク以来の対面だが、彼らは私を覚えているか? そしたらDonovanがこちらへ歩み寄りいつも感謝しています。との言葉。そしてMarkが私の肩を久しぶりというかのように肩をたたく..そしてリーダーのTonyが私に握手、なんと気さくな方たちだ。もう既に友達かのようだ。そして表彰式、フォトコンテスト表彰者の名前がつぎつぎに呼ばれていく。そしてサプライズ、なんと私の名前が呼ばれるではないか..なにかの間違いかと思った。 2年前に写真を送ったことがあるが、既に今は対象外のはず..そしたらなんとMost Travelersという賞を用意しているではないか..参加者の皆様の盛大な歓迎拍手ののち、何枚か記念写真を撮っていただき、インタビューもされる。どのくらいの時間フライトしていたのかとか、日本からの経路を聞かれた。そして今度は誕生日記念..ハッピィバースディの歌と記念写真をつぎつぎに行っていく。そして最後またもや私の名前が..私の誕生日は少し前だぞ..またもや記念撮影。正直こんなにしてもらっていいのかなぁと思いました。今度のニューCDアルバムの指揮者のLes Brown氏も来ていて挨拶。またMarkの娘さんたちもボーイフレンドとともに参加紹介される。なんとオープンな関係だ..さすがアメリカだと思った。そしてパーティ開始..同じテーブルの夫婦連れの年配女性が私のレターメンサイトを見たことがあると言ってくれた。サイトを作った甲斐がありました。そしてなんとTonyさんが私の隣の空いている席に座ろうとするではないか..なんとまたサプライズだ。私のつたない英語にいろいろ気を使っていただき感謝。またTurn Around Look At Meを今回のショーで歌うというのでアカペラでジョークを交えながら歌っていただく。またTonyさんのワインの紹介もあり、楽しかったパーティが終わり、またサプライズ..2次会をTonyさんの部屋でするというのだ隣のKarenさんから伝言をいただく。Karenさんにはいろいろお世話になりました。彼女はラスベガス在住である。私は最初明日のスケジュールのことだと思った。そしたら今夜何人かがTonyさんの部屋に集まるという..(つづく)

    Tonyさんの部屋に行くと、ちょうどテレビのインタビューの収録をしていて、まだ他の人は来ておらず、またまたサプライズだった。こんな光栄な場所にお呼びいただき、またまた感謝。収録が終了しやがて他の参加者の皆様も現れ、Mark とDonovanは退散。ワインをご馳走になる。 Vocal Group Hall of FameのBob Crosbyさんも参加。しかし、Tonyさんのゲストへの心配りには本当に感心しました。そういったもてなしが好きなのか、一晩中しゃべり続けていました。そのパワーにまたまた驚きました。 9pmから3amぐらいまで皆様と歓談していました。中には睡魔のため途中リタイヤされた方もいました。明日26日の日程は4pmからSound Checkの様子が見られるということで、これもまた楽しみです。興奮のためか朝早く目がさめて9amぐらいにホテル内のハンバーガーショップで食事する。8$ぐらい、量は申し分なしというか食べ過ぎ感がある。値段からすると量的にはこんなものだとは思う。食事後カメラを持ってホテルの外観を記念撮影、休憩後いよいよSound CheckへShow Roomに行くと既に皆様お集まりで入り口に Shirleyさんが待ち構えていただいていました。中に入るとリハーサルを始めていてDonovanの楽しいヨーデル発声練習、3人のハモリ、ファルセット中心に音合わせ、さすがに狂いなし。演奏チェック無事完了。いよいよ7:30pmコンサート開始。コンサートは当然のごとく素晴らしかったが、途中お決まりの歌いながらの撮影会。私は最初はステージに上がる気はなかったが隣のインディアナポリスから参加のDougが写してやるから上がれと言う。もちろん長蛇の列ができていて歌い終わるまでに私までまわらないと言うとDougがTonyさんにShinichiroを上げてやってくれと言う。そしたらTonyさんがOKサインを出し並べと言う。最後尾に待つと私の前の御婦人で歌が終わりました。あれれという感じでしたが、レターメンがもう一度歌の最後のフレーズを歌い始めるではないか..ステージに上がるといち早くDonovanが私のセーターのレターメンのロゴマークを指差すではないかと同時に観客から大歓声をあび、かなりうけていました。この日のために、数年前ファンクラブで購入したセーターを着ていたのでした。一通り撮影が終わり、歌も終わりましたが、観客からもう一回となんとアンコールが..さすがに一瞬レターメンもこまったような、しかしショーマンシップを発揮、再び歌い始めてアンコール撮影、私も悪乗りをしてしまいましたがステージから降りる時またまた大歓声と同時に「ありがとうございました。」と女性からの英語なまりの日本語が聞こえてくるではないか..これには感激しました。Thank you very much, Doug. 素晴らしかったコンサートも終了。サイン会には長蛇の列。そしてレターメンとボーリング。12am集合。1:30am頃終了。翌日27日ホテル内のレストランにて食事。6$plus1$tip。12:30pmホテル前にて貸切バスに乗り込みバリーズホテルにてThe Price is Rightを観に出発。レターメンのお出迎え。私は前日テレビにて同じような番組を見ていた。選ばれた観客の喜びようは凄かった。4:30pmサウスポイントホテルに戻り今夜もレターメンのコンサートだ。 28日、今日はフリーなので早朝からタクシーに乗り込みサハラホテルまで30$チップ込み。バリーズホテルまで徒歩散策。タクシーにてサウスポイントホテルに戻り24$チップ込み。ホテル内のハンバーガーショップで食事。今夜のコンサートではTonyさんの客席に降りて来てNight and Dayのソロシンギングの時、私はステージの最前列に座っていたが、近くに来たのでアップの写真を撮ろうとしたら、いきなりnight and dayのフレーズを歌うようにマイクを向けられ、日本人の私としては(当然アメリカのお客にされるだろうと思っていた)一瞬予想外だったので、とまどったが、すぐさまカメラを置き反応。いつもCDでこの歌を聴いていたので我ながらうまく歌えたと思います。Thank you very much, Tony san. 素晴らしいレターメン・コンサートも終わりサイン会でDonovanにプライベートで大阪へ旅行すると言われ、また感激。フィリピンから来たという御婦人と話す。その後これで彼らともお別れかと思うがまたもやTonyさんから今夜のお誘いがあり、11pmに他の皆様方と楽しく歓談。ワインをいただく。 Tonyさんにレターメンの日本のテレビ番組出演のビデオを送ると約束。(約束通り既に送りました。)4am頃解散。 29日昼頃起床。4pmホテルチェックアウト。チェックイン時空港までの無料送迎バス4:30pmを予約していた。5pmターミナル2にて大韓航空搭乗手続き完了。8pmロスアンジェルス経由に向け出発。 1時間ぐらいで到着。11pm韓国ソウル仁川空港へ再出発。31日4:30am頃到着。大阪へは乗り換え時間が9:30amなので5時間空港ロビーで睡眠。11:30am頃関空到着。一人でラスベガスなので検査官に厳しいチェックが、正直今回の旅行中最も調べられました。(笑い) 日本入国が一番厳しく意外だったが、ただなんか変なものを持っていれば、既にアメリカの最新機器で既に拘束されているでしょう。(ソウルでも検査あり)12pm頃バスに乗り12:40pm頃自宅最寄のバス停に無事到着。

  • THE LETTERMEN FAN SITE

    TOP PAGE